« なぎら健壱さんのこと | トップページ | 初めてギターを弾くのなら・・・ »

2014年12月25日 (木)

演奏の解説など(今回は、簡単にフラットピッキングについて)

フォークギターの演奏について、ちまちまと書いて行きます。
まず、大きく分けて、ピックを使う場合と、使わない場合があります。
ピックを使わない場合は、どちらかというと、クラシックギターに近い奏法でしょう。
ですので、ここでは割愛します。いずれ解説すると思います。

さて、ピックには、フィンガー・ピックフラット・ピックの二種類があります。
なお、この両方の機能を兼ねた、幅の広い親指につけるフィンガーピックもあります。
とりあえず、
ここでは、まずフラット・ピックについて書いて見ます。
まずは、おむすび形のもの。私はこれを愛用しています。
そして、あまだれ形のもの。以前、これを使っていた事もあります。
私はブルーグラス音楽ジャズの影響を受けているので、フラット・ピックを、
メロディーを弾くために使ったり、コードを弾くためにつかったりと、活用します。
ブルーグラス音楽では、他の楽器、バンジョーフラット・マンドリンといった、音の大きい
楽器、それに、複数のヴァイオリン(カントリー、ブルーグラスではフィドルと呼びます)
が鳴るので、負けない音量を出すために、綺麗な音を保ちながら和音をフラット・ピックで
弾く技量が必要になります。。
カントリー音楽だとストリング・ベンダーのエレキギターや、スティールギターも鳴ります。
ドラムスや、エレキベースウッドベースだけではない)も参加して来ます。
ダウンストロークは楽なのですが、アップストロークがまざると難度が急激にアップ。
それに、ベースランニングという、コード切り替えの時の魔物が登場します。
さらに、リードギターを和音の演奏と一緒に行うのですが、フラット・ピッキングでは、
これをチャーチリック奏法と呼びます。
これが上手いのは、カントリー・ジェントルメンチャーリー・ウォーラーでしょう。
チャド・ミッチェル・トリオにいたジョン・デンヴァーも、少しこだわった低音弦の弾き方。
よーく聴くと、凝ったことをしています。「Take me home country road」の作者です。

さて、ここで思い出しましょう。
低音を親指にはめたサム・ピック(サム、つまり親指ですね)で、メロディーをおいかけ
残った指で、和音を奏でる奏法があります。
これが、カーター・ファミリー・ピッキングです。

近年では、カーター・ファミリー・ピッキングと、チャーチリック奏法が混乱しているかな?

近いうちに、フィンガー・ピッキングについても解説する予定です。
フラット・ピッキングのもうちょっと細かい解説もする予定です。
私の主観もたっぷりですので、それを前提にお読み下さいませ。

ウッドベースは、クラシックで言うコントラバス同じものです。
ただし、カントリー、ブルーグラスでは、通常は弓を使わず、右手の指で弾きます

« なぎら健壱さんのこと | トップページ | 初めてギターを弾くのなら・・・ »

フォークギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137526/60864346

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏の解説など(今回は、簡単にフラットピッキングについて):

« なぎら健壱さんのこと | トップページ | 初めてギターを弾くのなら・・・ »