« 昔の俺、マジメに弾いてるなぁ・・・ | トップページ | 遠回りに思えるかもしれないけど »

2015年3月10日 (火)

ラリー・コリエルさんって、一体どんな演奏家よ?

「この人って、どんな音楽的な育ち方をしたんだろう?」というミュージシャンの一人。

ラリー・コリエルさん。
ジャズ・ギターのエレクトリックの方だと信じていたら・・・
なんと、アコースティック・ギターでとんでもない演奏をなさるではありませんか。
「火の鳥」「ボレロ」、などのクラシックの名曲をギター一本で演奏。
さすがに相当な変則チューニングを駆使していたりするんだけどね~
でも驚異的です。
面白かったのは、ジャズ、ブルース系のラリーさんと、
クラシック・ギターの完璧超人、山下和仁さんのコンビ。
ビバルディの「四季」を二人で弾いちゃっているのですよ。
知人いわく
「ブルースギタリストとクラシック大道芸ギタリストの、不思議な共演」
でございます。
誉めてる?けなしてる?よくわからんけど、言い得て妙だと思いました。
一聴の価値のある演奏であることはまちがいないですね。

« 昔の俺、マジメに弾いてるなぁ・・・ | トップページ | 遠回りに思えるかもしれないけど »

プレイヤー、シンガーなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137526/61259995

この記事へのトラックバック一覧です: ラリー・コリエルさんって、一体どんな演奏家よ?:

« 昔の俺、マジメに弾いてるなぁ・・・ | トップページ | 遠回りに思えるかもしれないけど »