« 2015年2月 | トップページ

2015年3月23日 (月)

ちょっとしたツールなのですが・・・

すでに類似のものが世にあるかもしれない。探してみるかな・・・
でも練習だと思ってC++.net 2003で作って商品化も考えているのです。
どういう物かというと、ジングル再生ソフト

「え?そんなの、Windows系なら、メディアプレイヤーだよね?」
というご意見は、ごもっともです。
ただ、メディアプレイヤーだと、1つのジングル(短い音データ)で待機。
ここ、という場面で鳴らすのは出来るけど、複数の「短い音データ」は、扱えない
では、もうちょっと豪華な再生ソフトで・・・
しかし、そうなるとトラック移動が面倒だな、と考えました。
あ、な~んだ、10コくらいの音データをwavファイルで用意しておけば良い。
なるべく小さな画面に10コのPLAYボタンをレイアウトして、クリックして再生・・・
データ形式は、普通のwave形式に限れば、MicrosoftのライブラリでOK。
何より、mp3だと再生形式への変換は特許が必要だし、タイムラグが入る。
それから、wmaだと、他の機種へのソースコードの心臓部のリロケートが難しいかも。
という様なことを考えて、地道にソフトを書き始めました
オイ、奈々ちゃんは、どーした?って・・・ちゃんと進めてます。並行して)
10種類のwavファイルの再生が出来れば用は足りるし、wavの収録方法を開示すればいい。
と、これで何をどう作るかが、明確になって来ました。
制作環境は今までの通りです。あとは、実行環境での確認ですね。
このジングル再生ソフトは、わかりやすく、仮に「10SOUNDS」と命名。
商品レベルまで作りこめるかは、お楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ